Loading

NPO法人太平洋協力機構設立趣旨

映画「太平洋ひとりぼっち」で有名になった堀江謙一さんがヨットで横断したあの1億55
55平方メートルの広さを持つ太平洋は、アジア、オーストラリア、南極、南北アメリカの
各大陸に囲まれている世界最大の海洋で、大西洋、インド洋と共に3大洋の一つであり、そ
して、太平洋に存在する多くの島嶼国に関し、多くの人々は、映画「南太平洋」に出てくる
ような白い砂浜、暖かい風に揺れる椰子の木々が広がる美しい自然にロマンを掻き立てられ
ることと思います。

この自由で開かれた太平洋は、民族的、地理的にミクロネシア(小さな島々の意)、ポリネ
シア(多くの島々の意)、メラネシア(黒い人が住む島々の意)に分類されており、この広
大な海洋に14からなる島嶼国が存在し、いわゆる大洋州を構成しています。

我が国日本は、太平洋の周縁部に位置する海洋国としてこの島嶼国とは先人の長年に亘る努
力により友好の絆を深めてくると共に我が国に取り重要な食料、資源を運ぶシーレーンとし
てこの太平洋から多大な恩恵を受けてきています。
そして、近年の調査によりこの太平洋には石油、天然ガス、金、銅、レアメタルなどの資源
地帯であることがわかってきているため、国際社会から大きな注目を浴びています。

NPO法人太平洋協力機構は、この自由で開かれた太平洋を守り、積み上げられて来た絆を深
め、太平洋の島嶼国等の発展と日本との相互理解と連帯に貢献する活動・事業を行うことを
目的としています。

多くの志のある方、組織のご理解と協力を得て、是非とも当機構の目的を達成したく思いま
すので、皆さん、この夢の実現に向けてご協力下さい。

INFORMATION

  1. キリバス、「大平洋諸島フォーラム(PIF)」を離脱。中国焦点の首脳会議直前
  2. 米、太平洋諸国への関与強化鮮明
  3. トンガ救済品、到着のお知らせ
  4. 中国の覇権主義の手は南太平洋に
  5. 皆さん、日本の友達トンガ王国を救済しましょう( 至急)
  6. 農業事業ページ更新
お知らせ一覧

役員紹介

役員一覧

私たちにはまだまだ出来ることがある

島嶼国は多様な民族から成っており、小さなコミュニティが形成され独自の文化を守り続けています。
多くは自給生活を行っており、近年の急速な経済成長、国際化に対応できておらず、貧困と教育の不備から、他国との格差が顕著になってきております。
また、経済的理由による部族抗争なども起きており支援が必要な状況にあります。
この問題を政府、諸企業団体等と連携し、民間外交を担い日本と島嶼国での協働と共創に貢献します。
そして、先の大戦を通じ太平洋で亡くなられたすべての英霊並びに島嶼国等国民のための慰霊事業に取り組んでまいります。
また、島嶼国等の経済的自立(産業育成、雇用創出)実現のための支援を柱として、特に、人材育成に関する事業、環境・エネルギ―に関する事業、水に関する研究並びに水不足を解決するための事業、自給自足の食料増産事業などに取り組みます。

PAGE TOP