Loading

ブログ

第3回 POCO理事会

5月23日、太平洋協力機構は 、規約に基づき第3回理事会を、南青山にあるビジネスエアポート青山で開催しました。本理事会は、本人出席7名、Zoom委任状出席8名その他オブザーバーとして監事2名、会員2名の出席の下で有効に成立し、開かれました。

1、審議に入る前に、理事長から以下の通りの挨拶がありました。

「コロナ禍の中を第3回理事会に出席いただき感謝。本機構創設以来、認証付与機関の都庁から要請された諸手続きをこなし、各プロジェクトチームによる検討も掘り下げられ順調に進んでいます。NPO法人のメリットは、社会的信用が担保されていることにあるので、本機構としても実力をつけ、この信用を更に高め、島嶼国の発展に寄与し、以てウインウインの関係を醸成し、国際貢献のための結果を出したいと思います。今考えている目標は、本機構を広く膾炙させるため、今秋に予定する「お披露目会」までに、課題となっているプロジェクトに関し明らかな成果を出して、このお披露目会に報告出来れば幸いです。日ごろの各位のご協力を感謝しつつ、設立趣旨を活かした活動を通じ「自由で開かれた太平洋」諸国のためにご尽力を頂きたい。日本を取り巻く国際環境は厳しくなってますが、その中にあって、「自由の価値」を守り、それを伸長していくためにもPOCOが役立って行くことが肝要です。島嶼国とに絆を深めて参りましょう。」

2、次いで、事務総長から報告事項として、東京都に対し法人税の取り扱いに関する手続きをとった旨の報告、並びに東京都に対し前年度の事業活動報告も了した旨報告があり、理事会で承認されました。更に、今後の講演会の開催概要に付き報告があり、これも理事会の承認を得ました。特に今秋10月には本NPO設立総会から1年目の節目に当たるので、それを祝し、来賓を交えた記念講演会の企画を検討したい旨の提案がなされ、これも理事会としての承認を得ました。

3、引き続き、各グループごとの活動報告がなされ、農業事業に関する中間報告と、島嶼国の伝統料理と日本料理の事業展開の骨格に付き専門家よりインターネットを活用した方途に付き紹介があり、説明がなされました。

4、最後に、協議事項の検討に入り、全議案を全会一致で確認承認されました。

承認された事項は、(イ)全体的な当面の方針、(ロ)クラウドファンデイング利用に関する検討(ハ)役員報酬・旅費規程・相互共済・活動中の事故等の保障規定案に二関する検討。

以上

関連記事

  1. 令和3年主な活動ダイジェスト版
  2. 太平洋協力機構事業;島嶼国の伝統料理と日本料理のコラボ
  3. 第3回講演会
  4. パプアニューギニア産コーヒーの焙煎教室
  5. NPO法人太平洋協力機構第1回総会の件
  6. 第一回太平洋協力機構理事会開催
  7. 第1回講演会と第2回理事会の開催
  8. トンガ救済その後の進展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP