Loading

ブログ

13回・14回理事会のご報告

 太平洋協力機構は、3月11日、飯田橋カナルカフェにおいて昼食を挟んで、第13回理事会を開き、引き続き、6月16日に飯田橋の市民活動センターにて第14回理事会を開催しました。恒例により報告事項と協議事項に分けて審議を行ったところ、13回理事会では、島嶼国支援のための農業事業のあり方、太陽光パネルの廃棄事業の進め方、島嶼国のビジネス化を進める上でのプロジェクトとして琉球ガラスへの取り組み方、パプア・コーヒ―農家支援(アフリカンベッドの提供)の4案件について担当理事からの説明と報告がなされました。引き続き事務局より、次年度の課題についての考え方が披露されました。そのポイントは、当機構はこれまで9事業に挑戦してきましたが、コロナ禍等の原因ですべての事業が円滑に進んだわけではないので、事業効率化の観点から、3ないし4事業に絞って進めたいとの提案がなされ、右提案は異議なく了承され、4月の定期総会に提案し決めてゆくことになりました。

 次いで、14回理事会では、前回理事会並びに総会で上程されたプロジェクト数を絞るとの決定に基づき審議が行われ、本理事会では特に農業問題が審議され、理事長から、当機構の農業プロジェクトの促進にあたり、東京農業大学の協力を求めるべく、井原理事と共に同大学を訪問の上、当方の考えを述べた上で理解を求めたところ、大学側より好意的かつ前向きな返事を頂戴した旨の報告がなされました。次いで、第3回総会追加議題としてトンガ地震支援とパピア・コーヒ―農家支援に関する入出金状況に関する最終報告、並びに役員に出入りがあったことを踏まえ 今期の最終役員体制が提示され、それぞれ了承を得ました。

関連記事

  1. 第8回 講演会
  2. 第12回理事会
  3. Letter of Acknowledgment and pho…
  4. 住所をお知らせください!
  5. トンガ救済その後の進展
  6. 第1回講演会と第2回理事会の開催
  7. パプアニューギニア産コーヒーの焙煎教室
  8. 井上一成顧問宅訪問(大阪)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP