Loading

ブログ

第一回太平洋協力機構理事会開催

第一回太平洋協力機構理事会が、1月31日、東京都ボランテイア・市民活動センターにてZOOMを使って開催されました。( 会場出席7名、リモート出席5名、委任4名)

冒頭、高濱理事長より、「昨年10月18日に本機構の設立が設立総会にて承認いただいて以来の初めての理事会開催であること、既に事業活動を開始しているグループもあるが、各グループの積極的イニシアチブを期待したい。事業を進めるにあたっては島嶼国の国柄の違いや要望を良く学習した上で本機構の関わり方を検討して頂きたい。HPも出来つつあり、都の認証を経て登記が終了した段階で公開したい」旨の挨拶があり、次いで川嶋事務総長より「設立準備から設立総会、設立後からNPO認証申請に至る経緯報告」と「東京都の認証作業についての中間報告」があり、引き続き各事業グループの責任者からグループの活動報告がなされました。(本機構が取り組む主たる事業;伝統料理と健康促進の相互交ル、農業支援問題への取り組み、海洋浮遊物並びにごみ問題への取り組み、ソーラーパネルの廃棄物処分問題への取り組み、島嶼国の水問題への取り組み、慰霊訪問問題等)

次いで理事長から、全体的な当面の方針について述べる中で 各事業を進めるに当たり必要な資金調達に関する参考情報として、一つは笹川島嶼国基金の活用、並びに外務省所管の日本NGO支援無償資金協力の活用、そして国際交流基金 並びにJICA を通じてのODA案件化、クラウドファンデイングの利用等が紹介されました。

最後に事務総長から、太平洋島嶼国事情について理解を深めるため2月7日に自由討議によるパネルデスカッションを実施すること、今後の作業日程などが紹介され、同時に顧問であり会員である川村大東文化大学名誉教授から、島嶼国に母子手帳を広めてはという提案がなされ、今後検討して行くことになり 本第1回理事会を了しました。

関連記事

  1. 第1回講演会と第2回理事会の開催
  2. 第9回理事会
  3. NPO法人太平洋協力機構第1回総会の件
  4. 故安倍首相に対する弔意(太平洋島嶼国)
  5. Letter of Acknowledgment and pho…
  6. 第3回講演会
  7. 海底火山医被害を受けたトンガ救済
  8. パプアニューギニア・コーヒー農家支援ファンド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP